淡水魚の塩浴

 飼っている金魚を毎日観察していると「おや?なんだかボーッとしているぞ」や、「あれ、普段と違うねキミ」等と思う事が有るかと思います。そんな時はそう、ソルトです。日本語で言うなれば潮です。いいえ、その潮では有りません。魚には浸透圧という物が有り、並塩(通常の食塩)を適量入れてあげる事により、飼っている金魚の体調を好調に持って行く事が可能です。そこでこのコーナーでは、普段のコンディションを作る為の塩分濃度と、病気かな?という時の塩分濃度の2種類をお伝えします。
 非常時の塩浴は0.5%が妥当ですが、蓋の無い水槽や、ヒーターなどで加温している水槽の場合は水分が蒸発してしまい、塩浴をした翌日に0.5%を超える事が多々有ります。この状態では、金魚達は体液が水中に流れ出し余計にダメになります。このことから、やや低めの0.3%程度にしておくことをお勧めします。
 また、病気になる前に普段からコンスタントに水を替えて、塩分濃度0.05%程を保つ予防塩浴をあわせてお勧めします。

塩分濃度計算

 水槽のサイズ(幅と奥行き、水面までの高さ)を入力すると必要な塩の量を簡単に計算することができます。病気の治療の場合と、病気の予防目的の場合がございますのでご注意ください。なお、こちらの計算はJavaScriptを使って行っていますので、動作しない場合はブラウザの設定をご確認ください。

《非常時、病気の治療目的の塩浴》塩の量の計算

水槽の幅  cm
水槽の奥行 cm
水面の高さ cm
塩の濃度  0.3%(非常時、病気の治療目的の塩浴)

---------------------------------------------------------
塩の量   

《通常時、病気の予防目的の塩浴》塩の量の計算

水槽の幅  cm
水槽の奥行 cm
水面の高さ cm
塩の濃度  0.05%(通常時、病気の予防目的の塩浴)

---------------------------------------------------------
塩の量